クレジットカード

電子マネーのクレジットカードチャージは必須!

投稿日:

電子マネーのクレジットカードチャージは必須!

電子マネーチャージでも1.2%つくリクルートカード

普段の生活の中で、Suica や楽天 Edy・ WAON などの電子マネーを活用している人も多いことでしょう。

ICカードやおサイフケータイ機能があるスマホなどを、お店のレジや鉄道の改札口にある端末に「ピッ」と触れさせるだけで支払いができます。

小銭を持ち歩く必要がなく、精算の際にサインする必要もなく、駅では券売機に並んで切符を買う必要もないと言う利便性のほか、利用するとポイントはマイルがたまることなどから利用者が急増しています。

精算方法は Suica や楽天 Edy などのプリペイド式(前払い)と ID や QUICPay などのポストペイ式(後払い)があります。

プリペイド式は前もって現金をチャージしておき、買い物をするとチャージした金額の中から使ったぶんだけが引かれます。

残高が少なくなったらその都度専用の端末を利用してチャージを行う必要があるものの、金額が少なくなったら、登録クレジットカードから自動的にチャージされる設定にしておけばその手間が無くなるので便利です。

ポストペイ式は利用料金を後払いするタイプで、後でまとまって請求されます。

チャージの手間がないものの使いすぎる可能性はあります。

電子マネーチャージをするために使用するクレジットカードの中で、最も使い勝手が良いと評価されたのはリクルートカードです。

電子マネーにチャージしても、ポイントがつかなかったり還元率が低かったりする一般カードは多くなっていますが、リクルートカードは店舗でクレジットカードとして使っても、電子マネーにチャージをしても1.2%と高い還元率なのが素晴らしいところです。

複数の電子マネーを活用しているなら、全てこのクレジットカードでチャージすれば面倒がありません。

もちろん色々な店舗でクレジットカードとして使っても1.2%のポイントが付与されます。

貯めたリクルートポイントは、 Ponta ポイントに1ポイントから交換することができ、ローソン・昭和シェル石油・ケンタッキーフライドチキンなどで利用できます。

旅行保険は、海外(利用付帯)で最高2千万円、国内(利用付帯)で1000万円と平均的ですが、一般カードにかなり充実した保証を求めるのは難しいところです。

これらを踏まえると、非常にバランスの取れた一枚と言えます。お金を色々なお店で使うことが多いならこのクレジットカードがぴったりです。

リクルートカードの人気の秘密は?審査基準やポイントの3重取りを解説!

-クレジットカード

Copyright© 京美人のsweet diary , 2018 AllRights Reserved.