「防犯・犯罪・カメラ」 一覧

no image

それで自動車会社はイモビライザーの適用を始動する…。

スマートデバイスでも流失していくインターネット上のもの恐ろしさ。 偽のサイトを作りPCやスマートデバイスから銀行口座のクレカ情報をかすめ取る、ハイテク犯罪が増えている。 平常通りにスマホを使っている分 ...

no image

テクノロジー化が向上し…。

テクノロジー化が向上し、家屋で軽易に動画や画像を加工したり、プリントアウトできるようになりました。 けれど、当然、簡易に偽札が盗用されないようにする防犯策が必須です。 過去に、都内某所で生じた刃物によ ...

no image

配備前にカメラの広角を納得しておかないと…。

さらに、撮影機器には赤外線撮影にも対応出来るカメラもある。 ビデオによって相違するため、写った映像にも機種により特異性が出る恰好となった。 そして、簡単にカメラを破壊されないような箇所へ設置する発想も ...

no image

パーソナルコンピューターから侵入されていくインターネット上の心配…。

したがってメーカーはイモビライザーの設置を本格始動。 イモビライザーとは何か、電子的に適正なカギであるか照合して独自で行い一致しなければ操業しないメカニズムになっている。 転送帯域の問題点といった欠点 ...

no image

タブレットPCからでも洩れるネットバンキングからの恐ろしさ…。

自分自身は感染に気付かないまま利用するため危険が拡大するのです。 G DATAインターネットセキュリティソフトを実装し、たびたびにウイルスチェックを取り行うといった対策で守りましょう。 新型のサイバー ...

no image

巧妙なカメラを取付けられると楽々には探せない…。

監視機器の設営は事業者にオファーするのが一般的なのですが、自分自身で配備することも不可能ではありません。 その時、警戒すべきことがあります。 今人気のドローンを活用した空中防衛システムも誕生しています ...

no image

では…。

盗みを察知して通報した時分には日本には影も形もない事も多いです。 マイカーのキーがキーシリンダー錠だった際は、達者な窃盗団のスゴ技にかかれば一瞬で終わります。 日々の生活の中で考えることはあまりないで ...

no image

予め…。

撮影装置の配置は業者とかに要請するのが普通ですが、自力で設置することも不可能ではない。 そのケースは、配慮すべきことがあります。 写すエリアや画質、うす暗い場所だからこそさつえい適正といった、信頼性が ...

no image

高性能カメラは遠隔な場所にあるレコーダーへ映像を発信するのだが…。

高性能カメラは遠隔な場所にあるレコーダーへ映像を発信するのだが、その技法は、昔からの有線式をはじめとする、ワイヤレス機能式やネットワーク式など多分野している。 カードキーも技術の高度化が進化している。 ...

no image

家宅のKeyも多機能スマートフォン対応機種が誕生しました…。

スパイウェアはbankサイトにアクセスの時だけ内容を情報改ざんして、偽装サイトを表示させDataを盗取する。 大抵は怪しい動きがありません。 予め、何よりも使うところが、取り付けのプレイスとカメラの角 ...

Copyright© 京美人のsweet diary , 2017 AllRights Reserved.